仮想化基盤とデジタルテクノロジー

インターネット環境が発達する中で、デジタルテクロノジーによって提供される仮想化基盤をまとめて伝えるというような情報サイトがあります。

仮想化基盤とは、ハードウェアリソースの有効活用や運用コストの削減、このほかにセキュリティの強化などたくさんの効果が期待されるという技術になります。

これは少し前から注目されていましたが、仮想化ソフトウェアの商品が充実したり、ハードウェアの技術が発達したと言うことで、現在では実用化されて来つつあります。

すなわちより柔軟な運用を実現する技術で、サーバ仮想化やストレージ仮想化やデスクトップ仮想化などのたくさんの技術があります。

サーバー仮想化は、1台の物理サーバ内でたくさんのOSやシステムを動かすことができ、利用者に複数のサーバがあるように見せる技術のことになります。

これにより物理サーバのハードウェアリソースを有効に活用ができると共に、管理コストも減らすことができます。

古いシステムを最新のハードウェアの中で動作させてシステムを長持ちさせると言うこともできます。ストレージ仮想化はたくさんのストレージデバイスを1つの仮想ストレージプールとして扱うことができる技術になります。
たくさんのデータを複数のストレージの中で保存することができたり、今まで使われていなかったストレージの空き領域を有効活用することができます。

デスクトップ仮想化は、OSをクライアントパソコンと切り離すことができる技術になります。
デジタルテクロノジーによって仮想化基盤のさまざまな支援をすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *