仮想化基盤ソフトで遊んでみよう

仮想化基盤ソフトとは、ローカル環境で仮想環境を動作させるためのシステムです。

仮想化基盤ソフトは無料で提供されていますから、インターネットからダウンロードして気軽に導入することできます。

仮想環境を動かすためには、まずダウンロードした仮想環境ソフトをインストールしてください。

場合によっては再起動を求められる場合もあります。

仮想環境を動かすためにはネットワークドライバなどの重要な機能を新たに作成するためです。
インストールが終わったら次はOSファイルをダウンロードします。

仮想環境はOSが無いと動作しないので、OSファイルをどこからか入手する必要があります。
OSファイルは無料でOSの制作者が公開していますので自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

OSを仮想環境にインストールしたらまずは環境情報のバックアップをおすすめします。

環境情報をバックアップしておけば、間違えてOS内のシステムファイルを削除してしまったり、設定を変なふうに弄ってしまってもすぐにバックアップした時の状態に戻せます。

このように、OS環境内で起きた出来事は仮想環境を実行しているホスト環境には影響を与えないため、普段ならリスクのある行為も、仮想環境内で試すことができるということです。
OSをインストールしたりその中でいろいろ弄ってみるという機会はなかなかありませんので、仮想化基盤ソフトを導入することで遊んでみるのも面白いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *