仮想化基盤とはなにか

仮想化基盤というのは基盤を仮想化するということです。

仮想化は目には見えないものであるため、わかりにくいものですが、コンピューターシステムにおける仮想化基盤としては、コンピューターシステムを構成しているハードウェア、ソフトウェアなどを仮想化技術によって仮想化し、システム上に擬似的にエミュレーションすることになります。

これにより1台のコンピューターで複数のコンピューターを動かすといったことが可能になります。通常のコンピューターシステムにおいてはハードウェアとソフトウェアは対になっており、物理的な1台のコンピューターで機能が完結しています。特に末端で使われるパソコンやスマートフォンなどの情報端末では、この仕組みで動いています。しかし、一方でインターネット上にあるサーバーなどは物理的な1台のコンピューターに対して、複数の仮想化したハードウェアとソフトウェアを動かしているものがあり、それが仮想化基盤となります。

仮想化基盤するメリットとしては、処理能力に余裕のあるコンピューターを有効に活用することができるという点があります。また仮想化しておくことで、柔軟に分割したり統合したりすることができるため処理能力が不足した場合には、ほかのシステムを別のサーバーに移動させることができます。また分割や統合を前提としたシステムで動かしているため、サーバー上で走らせているシステムをほかのサーバーに移転するさいにも、効率的に行うことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *