私がいつもポジティブをしている驚きの理由 http://world-01.com My WordPress Blog Fri, 27 Jan 2017 10:25:58 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 仮想化基盤とデジタルテクノロジー http://world-01.com/?p=17 http://world-01.com/?p=17#respond Fri, 27 Jan 2017 10:25:58 +0000 http://world-01.com/?p=17 インターネット環境が発達する中で、デジタルテクロノジーによって提供される仮想化基盤をまとめて伝えるというような情報サイトがあります。

仮想化基盤とは、ハードウェアリソースの有効活用や運用コストの削減、このほかにセキュリティの強化などたくさんの効果が期待されるという技術になります。

これは少し前から注目されていましたが、仮想化ソフトウェアの商品が充実したり、ハードウェアの技術が発達したと言うことで、現在では実用化されて来つつあります。

すなわちより柔軟な運用を実現する技術で、サーバ仮想化やストレージ仮想化やデスクトップ仮想化などのたくさんの技術があります。Nutanixのサイトはこちら。

サーバー仮想化は、1台の物理サーバ内でたくさんのOSやシステムを動かすことができ、利用者に複数のサーバがあるように見せる技術のことになります。

これにより物理サーバのハードウェアリソースを有効に活用ができると共に、管理コストも減らすことができます。

古いシステムを最新のハードウェアの中で動作させてシステムを長持ちさせると言うこともできます。ストレージ仮想化はたくさんのストレージデバイスを1つの仮想ストレージプールとして扱うことができる技術になります。
たくさんのデータを複数のストレージの中で保存することができたり、今まで使われていなかったストレージの空き領域を有効活用することができます。

デスクトップ仮想化は、OSをクライアントパソコンと切り離すことができる技術になります。
デジタルテクロノジーによって仮想化基盤のさまざまな支援をすることができます。

]]>
http://world-01.com/?feed=rss2&p=17 0
仮想化基盤ソフトで遊んでみよう http://world-01.com/?p=14 http://world-01.com/?p=14#respond Fri, 27 Jan 2017 10:24:29 +0000 http://world-01.com/?p=14 仮想化基盤ソフトとは、ローカル環境で仮想環境を動作させるためのシステムです。

仮想化基盤ソフトは無料で提供されていますから、インターネットからダウンロードして気軽に導入することできます。

仮想環境を動かすためには、まずダウンロードした仮想環境ソフトをインストールしてください。

場合によっては再起動を求められる場合もあります。Nutanixはこちらです。

仮想環境を動かすためにはネットワークドライバなどの重要な機能を新たに作成するためです。
インストールが終わったら次はOSファイルをダウンロードします。

仮想環境はOSが無いと動作しないので、OSファイルをどこからか入手する必要があります。
OSファイルは無料でOSの制作者が公開していますので自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

OSを仮想環境にインストールしたらまずは環境情報のバックアップをおすすめします。

環境情報をバックアップしておけば、間違えてOS内のシステムファイルを削除してしまったり、設定を変なふうに弄ってしまってもすぐにバックアップした時の状態に戻せます。

このように、OS環境内で起きた出来事は仮想環境を実行しているホスト環境には影響を与えないため、普段ならリスクのある行為も、仮想環境内で試すことができるということです。
OSをインストールしたりその中でいろいろ弄ってみるという機会はなかなかありませんので、仮想化基盤ソフトを導入することで遊んでみるのも面白いでしょう。

]]>
http://world-01.com/?feed=rss2&p=14 0
仮想化基盤とはなにか http://world-01.com/?p=11 http://world-01.com/?p=11#respond Fri, 27 Jan 2017 10:22:22 +0000 http://world-01.com/?p=11 仮想化基盤というのは基盤を仮想化するということです。

仮想化は目には見えないものであるため、わかりにくいものですが、コンピューターシステムにおける仮想化基盤としては、コンピューターシステムを構成しているハードウェア、ソフトウェアなどを仮想化技術によって仮想化し、システム上に擬似的にエミュレーションすることになります。

これにより1台のコンピューターで複数のコンピューターを動かすといったことが可能になります。通常のコンピューターシステムにおいてはハードウェアとソフトウェアは対になっており、物理的な1台のコンピューターで機能が完結しています。特に末端で使われるパソコンやスマートフォンなどの情報端末では、この仕組みで動いています。しかし、一方でインターネット上にあるサーバーなどは物理的な1台のコンピューターに対して、複数の仮想化したハードウェアとソフトウェアを動かしているものがあり、それが仮想化基盤となります。
Nutanixのための情報を提供するサイトです。

仮想化基盤するメリットとしては、処理能力に余裕のあるコンピューターを有効に活用することができるという点があります。また仮想化しておくことで、柔軟に分割したり統合したりすることができるため処理能力が不足した場合には、ほかのシステムを別のサーバーに移動させることができます。また分割や統合を前提としたシステムで動かしているため、サーバー上で走らせているシステムをほかのサーバーに移転するさいにも、効率的に行うことができるようになります。

]]>
http://world-01.com/?feed=rss2&p=11 0
組み込み系ソフトウェアの作業の進め方に変化の兆し http://world-01.com/?p=8 http://world-01.com/?p=8#respond Fri, 27 Jan 2017 10:20:58 +0000 http://world-01.com/?p=8 今日日ではテレビや電子レンジ、あるいは携帯電話やエアコン等にもコンピューターが搭載されており、

一般のパソコンの様なキーボードやマウス等が付属していなくても、それらの機器類にはソフトウェアが組み込まれています。これらをITの業界等では組み込み機器と呼び、様々な用途で使われているのです。さて、パソコンの上で動作する様なワープロソフトやプレゼンテーションソフト等は、スペックは異なる事があったとしても基本的には、パソコンを使用して開発されるのが一般的です。しかし自動車や携帯電話、あるいはテレビゲーム等に搭載する組み込みソフトウェアの場合には、専用の開発環境を用意して開発を効率的に進めます。
ニュータニックスはこちらです。

この様な開発方法をクロス開発と呼び、パソコン等に搭載されない特殊用途向けのCPUをエミュレートするという形で実装します。そして、あたかも特殊用途向けCPUを積んだコンピュータの様にコーディングは勿論の事、デバッギングさえも出来る様になっているので、現実的な組み込み系のソフトウェア開発が出来る様になった訳です。そして、組み込み系ソフトウェアの開発の進め方にも、変化が起きています。それは要件定義に始まりプログラム設計等が完了後に、コーディングを始めてデバッグ等を行うという、ウォーターフォールという方法からの脱却です。これは何も、組み込み系の世界だけの問題ではありません。この問題を解決したのがスパイラル方式という開発方法で、全てが完成してからテストをするのでは無く、一部分が出来たらテストをして期待通りの動作をするか検証するというスタイルで作業を進める方法です。この方法を使えば早期に問題を発見しやすく、対応が可能となるでしょう。

]]>
http://world-01.com/?feed=rss2&p=8 0
自動車の組み込み系ソフトウェア開発にトライ http://world-01.com/?p=5 http://world-01.com/?p=5#respond Fri, 27 Jan 2017 10:18:09 +0000 http://world-01.com/?p=5 一昔の自動車には、エアコンやカーステレオ等のある程度の機器は搭載されていたと言えるかも知れません。

しかし昨今の販売されている自動車は、コンピューターで制御されているマシンと言っても過言では無い程のレベルになっているという事を知る人は、IT業界や自動車業界以外の人で知る人は少ないでしょう。それは自動車の核となる部分や重要な箇所が幾つもあり、沢山の小さなコンピューターが組み込まれていましたが、昨今においては30個前後で済む様に進化しているのが現状です。
ソフトウェアとははこちらです。

あるメーカーの自動車は、700万ステップ程度という膨大なプログラムで動作しているそうです。そして自動車という役割上、安全性を第一に考える事は必須であり、それは医療に使用する組み込み機器等と同等レベルで考える必要があるでしょう。さて、自動車の組み込み機器のソフトウェアを開発する場合、どの様な特徴があるのかというと、まずは動作をさせる自動車と開発を行うマシンが異なるクロス開発が基本になります。実作業でこの過程を行うのは効率が悪いので、透過的に行える統合開発環境を使用するのが一般的です。こうすることで、デバッグ作業は格段に楽になると言えるかも知れません。

更にはカーナビ等を使用時に、個人情報を第三者に傍受される可能性もあるので、セキュリティ面にも同時に配慮して、作業を進める必要があります。従って高度な技術が必要になる事がわかりましたが、どうしてもチャレンジしてみたいという人は、自動車の組み込みソフトウェアの仕事を探して見ても良いかも知れません。そして以上の様な経験をする事が出来れば、組み込み系のソフトウェア技術者として十分なアピールポイントとなるでしょう。

]]>
http://world-01.com/?feed=rss2&p=5 0